保育園不足
まだ気が早い・・・と思われるかもしれないけれど、
決してそんなことはないのです、保育園探し。

私は来年5月に仕事復帰予定です。

今、息子の通う保育園は0才児クラスがありません。

だから、2人目ちゃんが
4/1までに生まれれば来年入所希望できますが、
4/2以降に生まれると他を探すことになります。
うわ!!どっちになるんだ?!
今から他の保育園も調べて目星をつけておかねばなー。

1人目の時は、認可外へ入所しながら待機、8月に認可へ入所できました。

激戦区ではないにしても、半年足らずで入れたのは運がよかったです。
認可外ものびのびしていていい所でしたが、
少なーい給料がほぼ保育料で消えていくのがしんどかった・・・。
それも生活を軌道に乗せるためだから、1年を目安に覚悟していました。

最近、ニュースで立て続けに、
【都市部の待機児童問題】、やってましたね。
思うところはたっっっくさんあります。
でも、私の思うところを正直に全部書く勇気はありません。

「保育園に入れろ」、「保育園を増やせ」
という訴えの切実さは痛いほどにわかるのですが・・・。

ニュースのインタビューを聞くと、そんな激戦区を選んで住んでいながら、
「育休は目いっぱいとった」、とか、
「待機人数の情報知らなかった」、とか、
「目の前に園があるから入れると思っていた」、だの、
ちょっと「???」と思ってしまう話もちらほら。

都市部は場所もないし、地価も人件費も高い。
それに急激に保育園を増やしたり、定員を増やすのは、事故も激増します。
息子の保育園もぎりぎり定員を増やし、すし詰め状態です。

自治体にしても、子供は将来を担ってくれるのだから大切にしないと。

園に入れなかった人のシッター費用を助成するとか、
幼稚園の放課後(っていうのかな?)を利用するとか、
企業の託児所を増やしてもらうとか、何か方法はないのかな・・・。

あとは、
「いない」と信じたいですがこういう都市部で結構な数いるらしい、
【不正入所】の親の良識を問いたいです。

認可保育所の入所基準は厳しいです。
うちのほうは、書類と面接。
主に書類内容からのポイント加算方式で、ポイントが足りなければばっさり。
まー、私情が入らず、公平っちゃ公平ですが
逆に言えば、基準通りの書類さえ揃えれば入れちゃう可能性もありなのです。
それが真実かどうか・・・まで、役所は追及できません。

はあ~、それにしても、ニュースで見たママさんたちの表情が切実過ぎて怖かった。

わたし、今年、やっぱり保育士試験に最後のチャレンジをするのですが、
資格が取れたとしてどう生かすか・・・
なんだか恐ろしくなってきたぞ(~_~;)






[2013/03/27 13:10 ] | 保育園 | コメント(0) | トラックバック(0)
アクティブに!!
特にグウさんのいない土日祝は、
お腹がはるたびにビクビク過ごしブルーになっていましたが、
取り敢えずこの土日もてば、我が家の都合上、産んでオッケーなのです。


やっほ~♪ヽ(´▽`)/♪ヽ(´▽`)/


なんだか気分が一気に開放的に!!
このまま安静にしていたら逆に陣痛が来なくなってしまうし。
よっしゃ、来週は体力つけてスパートかけるぞ。
ま、過度なことは禁物ですが。

それで、私なりに調べたお産スイッチは、

◆長めの散歩
◆お……いのマッサージ
◆入浴
◆掃除
◆赤ちゃんを説得


そういえば入浴するとお腹ががっちがちになるのよね。
最近は面倒でシャワーだったりさぼったりでしたが、
それだけ、温まることはお産の促進効果があるらしいです。
気がつかなかった!

今日はそーくんと長めにお散歩しました。
花粉がつらいけど、桜もたくさん見て楽しかった♪
運動に付き合ってくれて、ありがとうね。






この写真は、近くの【こどもログハウス】です。
写真は1年前のですが最近よく行きます。
もともと小学生向けの施設なので、小学生が多い時間帯はちょっと怖いですが、
花粉の季節はやっぱり屋内がいいわ~。
この縄ばしごがそーくん大好きで、滑り台でしゅるしゅる降りてきます。
2才のときからずんずん登っていました。ほんと、高いところだけは得意。



こちらの写真、私のダイエットDVD、韓国の【モムチャンSダンス】で踊るそーくん。
「体操しよう!」と誘うとかけてくれます。
今日は、寝転がって太ももに効くやつを一生懸命やっていました。
普段、こども番組の体操を見ても無反応なのに不思議。



[2013/03/23 23:39 ] | いろいろ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ごちそうさま








昼のTVで食べ物をおいしそうに撮るコツをやっていたので、試してみた3枚。
スマホのカメラだし、使いこなせてないし、
本当は自然光を入れなきゃいけないし。
んん~。
でも以前よりはましかな?立派なカメラが欲しいな。

パンはママ友さんからいただいたもの。

餃子は家族合作。
グウさんがきれいに焼いてくれたもの。

パスタはグウさん作。
添えてるキッシュは義姉さんからいただいたもの。

はあ~どれも美味しかった!!
幸せです。ごちそうさまでした。

そして、私の手料理写真は、あーりませーん。

最近とことん手抜きです。
どうも自分のは恥ずかしいし、美しくないんで( ̄∇ ̄*)ゞ



[2013/03/21 22:20 ] | 食べ物 | コメント(4) | トラックバック(0)
ブルーとピンク
相変わらず、疲れるとマタニティーブルーにはまる時がある。

昨日は夜中に泣き出しちゃった。
でもこういう時は我慢せず存分に泣くのがいいのだと
開き直って存分にひっくひっくし、ある程度、すっきりした。

でもべつに一日中落ち込んでいるわけでもない。
楽しくて快適で一日終わるときもある。
この不安定、たぶん出産が近いんだろうね。

昨日、健診にいったら、荷物を右から左に受け流すが如く、あっという間の診察だった。
順調だからいいけど、もうちょっと味わいたいというかなんというか・・・残念。

廊下では、青白い顔の妊婦さんが、お母さんと一緒に深刻な顔で助産師さんと打ち合わせ。
夫の立ち会いや入院タイミングの確認をしていた。はじめてなんだろう。
でもお母さんがいて、だんなさんも駆けつけてくれりゃー、いいじゃないか。
と、わたしの悪い癖【ひがみ】が出てしまう。

私はおそらく、ひとりで病院に行きひとりで産む。
近くで誰かにオロオロされるよりは集中できていい。
一人のほうがいいという妊婦さんは、意外と多いらしい。
グウさんはそーくんについていてほしいし、出産自体に不安はない。
だけど、助産師さんと話していて、気がつけば「不安だ不安だ」と何度かくちにしていた。

何が不安かって「時間」だ。

だってそーくんは入院から3時間でうまれたのだ。
初産にしては猛スピードだと思う。
前日に健診だったが「まだまだ」とのことだったのに。
もしかして陣痛かな??と思ったのが夜中2時、
確信したのが4時。入院が6時で、破水が8時、出産は9時。
トータルしても7時間。


「あなた、二人目はちょっといきめばすぽーん!!ね。」


とその時の助産師さんに太鼓判を押された。
おかげで体力は余っていて楽だった。
だけど、二人目はもっと早いとか、時間が半分とか、が定説。

もし、そーくんと二人きりのとき、陣痛やら破水やらきてから、
そーくんをどこかにお願いしたり自分が準備したり移動したりって、
一体どれほどの時間があるのか?!と想像したら急に怖くなってしまった。

でも、緊急の時はそーくんをみててくれると声をかけてくれた友達もいて、涙が出るほど嬉しい。
「調子はどう?」と声をかけてくれたりメールをくれたりするだけで嬉しい。
保育園の子達が楽しみにしてくれているのが嬉しい。女の子が四人、おなかに耳をくっつけてきた。

今は何か具体的に助けを求めているわけではない。
ともかく、そーくんと二人きりが怖いだけ。
誰かにいてほしいだけ。誰かがいるような気分にしてほしいだけなのだ。

英語では、落ち込むときの【ブルー】に対し、
出産直後のハイな状態を【ピンク】と言うらしい。
私も一気にピンクに染まるのかな?
ピンクといえば桜はもう咲き始めちゃったねえ~。

たぶん、なるようになる。

どどどーんと構えようぜっ。

最近ぐちっぽくてすみません(>_<)
吐き出しちゃえば楽なので。

[2013/03/20 18:09 ] | 妊娠、出産、産後 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント欄復活
PCだと真っ白になっていたコメント欄が復活(たぶん)しました。
このテンプレートだと見えるようです。

かご猫・・・好きなんだけど、ド迫力ですな。
[2013/03/19 10:45 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
二人の時間
動くのがますますつらいので、
そーくんと二人きりの時間は一体どうやって過ごしゃいいのかと途方に暮れる。
でもこの時間は貴重でもあるのだな・・・。

先日はドラえもん映画にも二人でいった。
長くてお互いくたびれたけど、行ったことには満足そうだった。

今日も日曜で二人きり。
グウさんは連日仕事でよれよれになりつつも頑張ってくれている。
ありがとうね。私も頑張ろうかね。

いちおうマックに行く約束をしていたものの、食べるだけじゃ物足りないだろうな~。
最近、パワフルになってきたからもっと遊ばせてあげたいな~。
そういえば、私が出産する病院の近くのマックに巨大遊具があるではないか!!

重い体を持ち上げて、
長い坂を下って、
だらだらとバスに乗って、
行ってきましたよ、プレイランド付きマックに。
いや~、偉いわわたし。




そーくん、食べるより先に、遊びたくてウズウズ。
遊びはじめたら、アスレチックの上へ上へ猿みたいによじのぼり、
何度も何度も遊んで汗びちょに。
やったー!来て良かった!
私は席で食べながらのんびり。こんなマック素敵だわ。
今度はお友達と一緒だともっと楽しいよね。

帰ってからさすがに昼寝するだろう、
それで私もぐうたらしよう、
と思いきや、横になってからたった2分で起き上がり
「はい、おはよう!!おはよう!!」と騒ぎだした。


「だってねむくないもん。」


ですと。
はっはっは・・( ̄▽ ̄;)
遊び足りなかったんですか。

くっついて離れず、体をぐらぐら揺らされ、相手をしろとなんだかんだで猛アピール。

いったいどうすりゃいいんだ。

たすけて~


[2013/03/17 22:52 ] | そーくん | コメント(2) | トラックバック(0)
臨月だぞ
はい、いよいよ36週過ぎました。
37週になれば、生まれてももう問題なしの期間に入るのです。
家族、職場、友達・・・みんなに大事にしていただいたおかげです。
ありがたや。ありがたや。

歩くのがだいぶつらくなって来ました。
体重はプラス9.5キロ前後。10キロ越えのリーチ!

ちょっと散歩に出るとお腹がちがち、帰ってぐったり。
歩きながらお尻がつってしまいびっくり。


もう何もかも面倒くさい。


なのに、
町内会の班長の引継ぎがあり、総会もあり、
やっと班長の仕事とおさらば出来るけど、あらためて引継ぎ資料をひっくり返すと、
わけわかんない不要書類の山。
最後の最後に面倒くさいのよーーぅ!!


しかも、
保育園からは面談日決定のおしらせが。再来週だってさ。
面談・・・だいぶ前から申し込まれていました。
こういうイレギュラーな面談は、あまりいいお話ではないのです。
2、3週間前だったら私自身元気だったからいつなのかと待ってたのに。
いまさらなんだってのよっ。
出産間際に話したいことなんかありませんのよっ。

「いつもよく見てくださってありがとうございます。別に何も心配していないし、
まあ、他の子よりぼーっとして頑固で手がかかるのは大変申し訳ないとは思うけど、
そちらのスケジュールや考え方もちょこっと窮屈ではございませんか?!」


・・・なんてことは言えやしない(~_~;)


なに言われても聞き流して、我が子を信じるのみですな。


とまあ、
自分の事ばかりぶつぶつ言っていますが、
べびーさんは元気です。
先日、エコーで見たとき、ちょうどあくびをしていました。
手をグーにしてて、すごくかわいかった(*^_^*)


5年前の哺乳瓶が戸棚の上から出てきました。
大して使わないだろうし、
ガラスだから消毒すればきれい。先っぽだけ買えば大丈夫。
そーくんが興味津々に寄ってきて「おれも使う」だって。
そうかいそうかい。使いなされ。


さて、頑張ろうかね。


[2013/03/16 23:28 ] | 妊娠、出産、産後 | コメント(0) | トラックバック(0)
生きていく力
新しい命を待つことは、うれしいことです。


しかし、


最近どっぷりマタニティーブルーになり、
日中、トイレと食事以外動けなくなった日がありました。
ひたすらじっとしていました。
保育園のお迎えだけは頑張りました。
まーこれは、何か特別な理由があるわけではなく、
疲労のせいでも、ホルモンのせいでもあり、仕方がないんですよね・・・。

そういえば前の妊娠中も少しブルーな日はあった気がするけれど、
あの時は、入院していた母が一時退院するたびに電話をくれて
その声で安心していたから大丈夫だったのかな。

ネットで見た【マタニティーブルー解消法】には、季節の変わり目は特に陥りやすいとあり、
もっともいい解消法は「実母と話すこと」と書いてありました。
話したいけど相手は天国だから、とりあえず、電話の声を思い出したり、音楽聴いたり、
で、なんとかやり過ごしました。


そして、


ブルーが落ち着いてから
思い立って読み返した漫画があります。


『ぼくんち』

ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (1)ぼくんち―スピリッツとりあたまコミックス (1)
(1996/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る


いちおうこれは、ギャグ漫画、なのかな??
決して万人受けするものではありません。
ブルーな時に読んではさらに落ちるかもしれない。
でも、私はこれを初めて読んだとき、感動して泣きそうになりました。

絵本のような装丁とかわいい絵柄ですが、
中身は、どうしようもなく過酷で、どぎついです。
ほんの小さな幸せすらなかなか得られない最底辺の暮らしを描いているからです。
それなのに、笑顔とユーモアと「生きる名言」にあふれているんです。
やっぱり久しぶりに読んでも、大好きでした。


それから、


そんなこんなで少し元気になったころ、今年の3・11が来ました。
生々しく傷痕の残る、東北の現状。
東北に今すぐ、駆けつけたり、手伝ったりはできないけれど、
そのぶん、5年先、10年先になにかできるかもしれない。
旅行するだけでもいいかもしれない。
話したい相手がもうこの世にいない人達はたくさんいる。

かなしいことやつらいことを「忘れる」というのは、
ある意味、ヒトが生きていくための本能ではあるけれど、
この先もずっと、あの日を抱えて生きていかざるを得ない人たちがいることを、
忘れちゃいけないんだと思いました。


とりあえず、


やっぱり今は、
元気なあかんぼを産むことに専念するしかないなー。

まとまらないけど、
このへんで。








[2013/03/12 23:58 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
星空のロマン
相変わらず、布団に入ったらプラネタリウムをON。
クリスマスプレゼントは3か月楽しみにして4日で飽きたのに、
こちらは10日も続いているのだ!!


昨日は、
ヒーリングミュージックが流れ、夕日から星空に変わるころ、
そーくんが空に向かって手の「キツネ」を影絵にして、


「むかしむかし、キツネのおじいさんがいました」


とはじめた。
あらぁ~ステキ。物語の苦手なそーくんにしては珍しい。
どんなロマンを描けるかしら?!一緒に参加してみた。


【第1話】

おじいさん(そーくん)  「 … 昔々、きつねのおじいさんがいました。」
おばあさん(わたし)   「 … そこに、きつねのおばあさんがやってきました。」

おばあさん  「あら、おじいさん。私はあの星までお散歩に行ってくるわね。」
おじいさん  「ぼくは、スーパーに行ってくるよ。」
おばあさん  「ス、スーパー?じゃあ、ついでにお豆腐買ってきてくれる?」
おじいさん  「 … おじいさんはスーパーに行きました。」

星空に未練はなくトコトコトコとスーパーへ

おじいさん  「はーい、お豆腐買ってきたよぅ!!」
おばあさん  「ありがと。いくらだった?」
おじいさん  「1800円」
おばあさん  「あら高いわね。はい、1800円。じゃ、おみそ汁にしましょう。」
おじいさん  「あのね、これはね、おみそ汁には出来ないの。すっぱいの。」

高いうえに腐ってるのか?!という怒りを抑えつつ

おばあさん  「煮ちゃえば大丈夫よ。ぐつぐつぐつ。さー食べましょ。」
2人     「いっただっきまーす!!がぶがぶがぶがぶ」

お・し・ま・い




【第2話】

おじいさん  「スーパー行くよ。何買ってこようか?」
おばあさん  「じゃ、キツネうどんにするから油揚げ買ってきて。」
おじいさん  「えー、おれはタヌキがいいな。」
おばあさん  「今、タヌキとはケンカしているから食べれないの。油揚げお願いね。」

星空はどうでもよくスーパーへ。

おじいさん  「おーい、買ってきたよぅ。油揚げ1000枚。」
おばあさん  「あら、2枚でよかったのに。」
おじいさん  「お店にはあと100枚しかないの。」

深くは考えずに聞き流す。

おばあさん  「ありがと。じゃ、キツネうどんつくりましょう。」
おじいさん  「キツネ♪、タヌキは買わなかった、天ぷ~ら♪、月見♪、お肉♪、ヒガシマルっ♪」

こんなにいらないしうちはヒガシマルのスープじゃないわよ!という怒りを抑えつつ

おばあさん  「はい、おうどん出来ました。」
2人     「いっただっきまーす。ふーふーふー。がぶがぶがぶ。」

お・し・ま・い



・・・結局、ロマン、欠けらもなし。(T_T)



※ヒガシマルをご存じない方は覗いてみましょう。 → ヒガシマルうどんスープ


[2013/03/11 11:01 ] | いろいろ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
星空へはばたけ
なんだかそーくんの話ばっかりですみません。。。

先日の誕生日プレゼントは散々悩んだ末、これに。
家庭用プラネタリウムでっす。
http://www.segatoys.co.jp/homestar/

なぜだか彼は4月6日~8日に宇宙に行くと決めていて、カレンダーにもしっかり丸印!!
2泊3日か。温泉旅行みたいだね。
しかもロケットは紙で手作りするらしい(笑)
プラネタリウムでイメージトレーニングしてね。

夕日、星空、オーロラ
と、3つの場面展開ですが、オーロラはインクのシミが点滅しているみたいでいまいち。
流れ星がちょっとでもあったらいうことないんだけどな。
ま、多くを期待するとしょぼく感じますが、おもちゃなので良しとしましょう。
そーくんは大喜びだったし、やっぱり癒されますよー。

それになんと言ってもこれのすごいところ・・・

10分で寝てくれる!!!!

今までどんな寝かしつけも喜んじゃって眼が冴えて、通用しなかったのに。

うちのはこれのオーロラですが、
ああ、ほんとはエクストラがほしい。でも高い。
たまに本物の星空を見に行けばいいか。

きらきら
↑この写真は、1月旅行の時のイルミネーション。



[2013/03/07 11:43 ] | いろいろ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
名づけ、その後
そーくんに
「赤ちゃんの名前、何がいいかな?」
と何度かきいてみた。

電車からとった、【のぞみ】【こだま】【東急くん】とか、
意味不明なのは、【ソーダえびぃちゃん】、
ふざけたのは、【ガリガリちゃん】【バリバリちゃん】など。

そして今日の作品。



【組長】


・・・(*T▽T*)


お腹のベビーもキックする意欲を失い、唖然。
もう、これ以上の強烈な名前は出ないだろう。
ねぇ、組ちゃん。


[2013/03/05 23:27 ] | 妊娠、出産、産後 | コメント(0) | トラックバック(0)
祝・5才!!
3月になり、そーくん5才になった。

誕生日前日になると大興奮。
家でも一晩中うるさくて大騒ぎ。

当日

グウさんもお休みがとれたので、
3人でお昼はココスに行こう!!ということに。
ココスのバースデーサービスは記念撮影、デザート、プレゼント(幼児)があり、
キャラクターは大好きなドラえもん。
前から楽しみにしていた。

家を出てからスキップしっぱなしでハイテンション。
しかしバスに乗り込んだとたん、


「気持ち悪い。。。」


と顔が真っ青に。

うわああぁ~。。。

手前で降りてゆっくり歩きながらやっとココスに到着すると、
卒業式だかなんだかで親子がたくさんいて、結構待っている様子。
「明日にしようか?」と提案しても頑として譲らず・・・ま、ここまで来たらそーだよね。
トイレに行っても吐かなかったけど、席に着いてもぐずったまま。
自家中毒の時の教訓で、お腹が空っぽでは余計いけないかと思い、
糖分補給のため、うどんとゼリーをひとくちずつ入れた。
その途端、寝込んでしまった。

いそいでタクシーを呼び帰宅。

あとでグウさんに、コンビニおにぎりとケーキを買ってきてもらった。
帰ってから顔色がよくなったそーくん、
あっという間に復活。
コンビニの鮭おにぎりを、「おいしいよおいしいよ」と食べつくし、
ココスでもらったタオルを、「あったかいんだよねー」と頬ずりしていた。


よ、よかったねぇ・・・^_^;


夜に改めて、ケーキでお祝い。吐き気はなんともなし。
なんだったんだいったい。

5才
[2013/03/02 08:29 ] | そーくん | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad