スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
アスペルガー症候群② 特徴
私がどこまで書けるやら、書いていいやら、
まったく手さぐりなのですが、
当事者への不利益の無いよう、配慮しながら、
ぽつぽつ、、、続けてみます。

◆ ◆ ◆

だいたい、
アスペルガー症候群、、、というカテゴリー自体が、
どうやらなくなるかも知れないのだそーです。
私自身わかりやすいので使います。

では、この言葉ではなく、どうなるのかというと、
【自閉症スペクトラム(連続体)】
に括られる?られている?らしいです。

ハイ、その名の通り、

自閉症の仲間

なのです。

自分なりの、かなりおおざっぱな、分類ですと、
自閉症は大きく3つ。

◆自閉症 ・・・ 知的障害を伴う自閉症。カナータイプと呼ばれる。
◆高機能自閉症 ・・・ 知的障害は無い。言語の遅れがある。
◆アスペルガー症候群 ・・・ 知的障害も、言語の遅れもない。

自閉、という文字が、いかにも、
【自分に閉じこもっていて孤独】
な感じがしますが、べつに、排他的なわけでも、精神的に閉じこもっているわけでもありません。

もともと物事の認知、情報処理などに関する脳機能に偏りがあるため、
自分を取り巻く状況や情報をバランスよく受け取ったり、発信したり、ができないのです。

それゆえ結果的に、
コミュニケーションがうまくいかず、
他者とうまくつながれず、
社会にうまくなじめず、
「上手くなじめていない自分」、というのも、
客観的にはおそらくわかりきらないまま、
自分の中の、凸凹な感覚で得たものを頼りに生きている・・・という感じなのでしょう・・・。

好きな事だけに固執したり、
空気が読めなかったり、
やけに難しい言葉を使ったり、
とっさの判断ができなかったり、
予定変更にパニックになったり、
冗談や比喩がわからなかったり、

それらはある程度仕方がないのです。

だって、生まれつきなのだから。

自分に閉じこもるも何も、そもそも、つながりかたがわかっていないはず。
ずっと長いこと、脳内が、堂々巡りで、模索し続けている状態なのではないでしょうか。
たとえば視覚障害のある方が、「見えない」のは本人の意志ではない・・・のと一緒で、
自分に閉じこもって見えたとしても、それはもともと本人の意思ではない・・・のでしょう。


そんなこんなを踏まえていただけたら、


具体例は、よかったらこちらを参考に。
↓ ↓ ↓


早めに気づいておきたい『アスペルガー症候群』の特徴とは ... - Naverまとめ


・・・あ、結局手抜き、しちゃった。
でも、私の文章だと誤解を招いちゃうおそれありなので。
今回はこれにて。


[2014/11/12 23:12 ] | 世の中思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)
<<1才6ヶ月健診 | ホーム | オレのアドバンス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。