スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
せんせい
幼稚園の先生とずっと手紙のやり取りをしていた。

私が二十歳になったときに再会し、
結婚後初めて二人で食事をした時に、

「こんなに面白い方だったのか」

と驚いた。
おだやかで、やさしくて、字が上手。旅行と手作りが好き。
…くらいしか知らなかったが、
話の端々に、ユニークな感性が見え隠れ。
その感性は、小さな子供からもたくさん影響を受けた結果らしい。

昨日、ついに、先生のご自宅までお邪魔した。
そーくんを嬉しそうにずっと抱っこしててくれた。

離乳食の話になった。
先生の子育ての時はどうだったかきいてみた。
「せんせい」だから模範的内容か?と思いきや…

「私も主人も小柄だから、娘は背が高いといいナーと思って」
「はい」
「そのころちょうど、
日本人と欧米人の体格の違いは離乳食の違いではないか?
という文章を読んだのね」
「へえ~」
「だから、牛肉使ったの!
いま身長168あるわよ。」

ひょえ~
離乳食に牛肉って、意表つかれた。

やはり、せんせい、面白いです。




[2008/09/11 18:14 ] | いろいろ日記 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<子守唄 | ホーム | 長い糸と大きな手>>
コメント
いったい何先生なのかな?
私とクラス違ったから名前が浮かばず・・・
[2008/09/14 01:30]| URL | ぷーを #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。