スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
時間軸
ベビーカーを押してコンビニに入るとき
いつも緊張する。

ドアを全開にして → ベビーカーを押して → ドアを閉める

たったこれだけの動作で、15秒くらいかな?
でも絶対に人を待たせてしまう。
いないと思っても来る。
たいていはドアを押さえてくれるけど。
ひどい時は、ドアを開けた瞬間に後ろからさーっと入ってきたり。
前からぞろぞろ出てきたり。
そのくらい出入りがないと、コンビニは潰れてしまうだろうけど。
私の出入り自体が悪いような気がしてしまう。

もっと世の中、時間の流れが変わったらいいなーと思う。
子育てしていると、
周囲にせかせかと機械的に時間が流れていて、
時々、取り残されているような気がする。

先日、用事があって、
障害者の通う施設を見学した。
そこのパン屋で買い物をした。
おそらく知的障害の男性がレジを売っていた。
お釣りが返ってくるまで、コンビ二の何倍の時間がかかったか。

でもなんとなく、ゆったりと着実な
人間的な時間が流れていた。





[2009/01/31 16:33 ] | いろいろ日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<しずまれ! | ホーム | 遊びましょう>>
コメント
1級の障害者手帳を持つ友人が2人います。

ひとりは小・中学校の同級生で近所の幼なじみ。
風貌が「のび太」そっくりだったので小学校低学年の時はよくからかったりもしたが、本人はとても明るい性格で高学年になるとクラスの人気者になっていた。
現在は同じ障害者の方と結婚し、はり灸医院を開業している。

もうひとりは2年ばかり前に入院していた時に同室だった7つ年上の人。
左半身が不随に近い状態の上、脚まで骨折していた。
でも少しでも歩けるように必死にリハビリしていた。
シドニー・パラリンピックの手漕ぎ自転車の日本代表選手だったので、次のロンドンを目指すつもりだ。

ふたりからの年賀状やメールは文こそ短い。
でも必死に時間をかけて綴ってくれたことがひしひしと伝わる。
ふたりとも心はとてもきれいで健康だ。

ちなみに、ばーばがそーくんにあげた木製のトラックのおもちゃも、障害者の方が丹念に作ったものです。
[2009/02/02 00:16]| URL | キンカン #- [ 編集 ]
Re: キンカンさま
すてきなお友達ですね。
大変だとは思うけど、一生懸命に生きる毎日はある意味うらやましいです。
それにたくさん、学ぶところがあります。
自分の体も決して完璧ではない。なのに「普通」の人達が無意識に自分達を基準に世の中を作ってしまっているような気がします。

[2009/02/04 15:01]| URL | ナオ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。