スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
煮物を待つ
おNEWのめがねでやる気をだして、
毎日仕事をがんばっている。

4月から新しいパートさんが入った。
新人は2年ぶり・・・つまり、わたし以来。

他の仕事と違い、マニュアルは無く、
ただ見ているだけで精一杯だった頃を思い出した。

でも、本当に見ているだけじゃ、なにも変わらない。

先輩のように話しかけてみても反応はなく、
注意してもはぐらかされ、
仲良くすれば振り回され、
一体自分がなんの役に立っているのか、不安の毎日だった。

その中でも、一歩ずつ手ごたえを感じ、今に至るのはなぜかな?
自分の中に何かがしっかりと育っている気がする。

やっぱりわたしはヒトが好きで、
先入観もなく自分を見てくれるであろう彼らを信頼し、
毎日、一瞬一瞬が、新しい時である事を信じているから、
なのだと思う。
そういった感じ方の多くは、劇団で学んだ。

そして先輩が新人さんに、


「この仕事で大事なのは、待つこと。
心底疲れるけど、働きかけて待つこと。」


だと、話していた。

例えば、ひとつの問いかけに30分かかることだってある。
強く問いかけすぎるとつぶれてしまう。
目を離しても壊れてしまう。
まるで・・・わたしも彼らも、
煮物のようだと思う。

わたしも新人だったあのとき、
まず3ヶ月は待つしかない、
自分の問いかけに答えが無くても、きっと届いているはずだと、
毎日見て見て見続けて、
思いついたあの手この手でちょっとづつ働きかけた。

今もいろいろ、てこずる事はあるけど、
美味しい煮物になっていると思う。




[2011/04/19 20:13 ] | 仕事 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ケーキとおひたし | ホーム | 居酒屋ランチ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。