スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
【アセトン血性嘔吐症 (自家中毒症) 】
そーくんが突然、【アセトン血性嘔吐症】になっちまいました…。
【自家中毒症】ともいいます。←こっちの名称のほうが一般的。

◆原因
不明。食中毒でもウィルス感染でもありません。
だからうつりません。
2才~10才の子供が発症。
神経質な子がなりやすい、と言われているらしい…。
でもそうとも限らないみたいでよくわかりません。

◆症状
嘔吐、低血糖、脱水。
ストレスなどで疲れが知らないうちにたまって、体内の糖分が急激に不足。
そのことでケトン体(アセトン体)が増加し嘔吐が止まらない。
発熱はあったりなかったり。

◆治療
ともかく糖分水分の補給。食事ができれば炭水化物を多くとること。
経口補給ができなければ点滴。
あとは、安静に。


1年前くらいにも同じことがあったけど
翌朝から食事をしたらケロッと治っちゃったのよね。

今回は翌朝でも胃液を吐いてたから自力回復は無理でした。
小児科を受診してブドウ糖と吐き気止めをもらいました。
診察に行くだけで大仕事だけど、私のつわりが落ち着いた今でよかった。
2週間前なら一緒にゲーゲーいって寝込んでたもん。

連休中ちょっとずつ、
元気ないな、不機嫌だな、食欲ないな、
といった場面があったけど、
熱もないので見過ごしてしまいました。
本人も平気そうだったし。でも平気じゃなかったんだね。

それよりも、マックのハッピーセットがプラレールだから
それにばかり気を取られ、
2日連続マック食べたから気持ち悪いのかと思ってた。
アホな母だ。。ごめんよー。


[2012/10/09 13:07 ] | 子どもの健康 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いきなり回復 | ホーム | 試着したぜ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。