スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
おばあさん猫
ごみゃさんの近況です。
夏にあごの腫瘍がわかり、その後何度か通院しました。

【扁平上皮癌】という病気で、
白猫が紫外線にあたるとかかりやすいようです。
ごみゃさんは白黒だけど、あごの白い部分がなりました。
早期発見なら手術で完治するけど、
大きくなっていたので、完治は微妙。
手術はしてもしなくても余命1年。
とのことでした。

もともとこの夏は予定が盛り沢山。

獣医からは「早く手術しましょう。」とせっつかれ、かなり焦って、
それまでの間、必死になって、毎日なんとか薬を飲ませようと、
あの手この手の大奮闘でしたが、
頑張れば頑張るほど私たちを威嚇し、
逃げて隠れてなにも食べなくなって、
ガリガリに痩せてしまい、
あーこのままさようならなのか・・・と思っていました。


手術日が迫った時。
グウさんと冷静になって考え、決断しました。


「自然にまかせよう」


手術はやめました。
たぶん、お年寄りだから手術に耐えられるかわからないし、
人間の立場から考える延命よりも、
たとえ命は短くてもいつも通り暮らしたほうがいい。
悪く言えば「ほったらかし」。
だけど、それも選択の一つなのではないかと・・・重い選択だけど。

その後せめて、
痛み止めと抗生物質は飲ませようとしましたが、
それもやめました。

そしたらふたたび普通に食べるようになりました。

今は、口を閉じることができず、
お腹がすくとツツーーーっとよだれが垂れてしまいます。
毛並みもだいぶ良くないです。

でもいつもゴロゴロ言って寄ってきます。
これからもっと見た目が悲惨になってしまうかもしれないけど、
きっと仕方のないことなんです。

あと1年なのかどうかわからないけど、
一緒にゴロゴロと幸せに暮らそうと思います。







[2012/10/27 08:38 ] | ネコ | コメント(4) | トラックバック(0)
<<白と黒 | ホーム | 七五三>>
コメント
ごみゃあは幸せな猫さんだと思うな。

きっとありがとうって思ってんじゃないかな。
[2012/10/27 23:48]| URL | くっきー #- [ 編集 ]
No title
「はな」のことを書きます。
はなは2010年の11月頃から黄緑色の胃液を吐くようになり、食事が思うままにならなくなりました。
自宅マンション下の動物病院での血液検査では肝臓があやしいとのことでしたが、病原を詳しく突き止めるために「バリウム検査」をしようとしました。ところが何度やっても、はなはバリウムを全部吐き出してしまいました。そこで獣医さんが「病原を突き止めるために手術をしたい」と言ってきました。
「手術すれば病気がわかり、良くなるのですか?」と尋ねたところ、「そこまでわかるかどうかは何とも言えません」とのこと。それでは「賭けに外れた場合、はながあまりにもかわいそうだ」と母と意見が一緒になり、より高度な検査施設が整っている動物病院に転院させました。

移った先での動物病院では、エコー検査と細胞レベルのかなり精密な血液検査をしてもらいました。診断結果は「肝臓やその他の臓器も弱っている。それと、がん(らしい)」でした。
そこの動物病院では、はなの年齢と体調から「手術は無理です」と言われました。
「抗がん剤」もあるけれども、アメリカからの輸入のものでかなり高価であること、また、抗がん剤を使っても3ヶ月くらいの延命しか期待できない、との説明がありました。
そこで、先生と母と私の3者で話し合い「抗がん剤による延命は、はなにとってはかわいそう。不謹慎かもしれないが経済的にも負担がかかりすぎる。自然に任せて、自宅で面倒をみよう」ということにしました。
動物病院の先生からは「がんが疑わしいのですが、いろいろな臓器が弱っていることと、14歳数ヶ月という高齢をふまえると、最期が来た時は『老衰』という考えでいいのではないでしょうか。獣医学的にみて余命は2010年の年を越せるかどうかですが、熱心に面倒をみてあげれば動物の生命力はあなどれませんよ。メスを入れずにきれいなはなちゃんのままで看取ってあげられるのは、変な言い方ですが大変幸せかもしれません」と励まされました。
結局、はなは年を越し、2011年の2月13日まで頑張りました。
病気で入院していた母が一時退院をして自宅に戻って来るのを待っていたかのようでした。

はながお星さまになる直前の2ヶ月くらいの世話はものすごく大変でしたが、移った先での動物病院の先生の温かい励ましのお言葉もあり、母も私も、はなには悔いなく最後まで幸せに暮らすことができました。

ペットは意思を言葉にできないので、延命も自然のままも選択は人間がするしかありません。あとは「考え方」次第ですよね。考え方ひとつで短いけれども幸せな日々が暮らせると私は思います。

キンカン



[2012/10/28 08:56]| URL | キンカン #- [ 編集 ]
Re: くっきーさま
思ってくれてるかなー。人間の身勝手に振り回されてるからなー。でも思ってくれてるよね・・・。
[2012/10/28 09:12]| URL | ナオ #- [ 編集 ]
Re: キンカン様
はなちゃんは幸せな最期でしたね。ごまは、まだ意外と元気ですけどこの冬お互いつらいだろうなー。私はつわりMAXの時に、ごまの刺身のために鮮魚売場に行かねばならなかったこの夏・・・吐き気との戦いで辛かったです~。猫エサや猫トイレのにおいもマスク越しでもまるでダメで、大げさだけど命がけでした。ほんと良く頑張った(←自画自賛)
[2012/10/28 09:16]| URL | ナオ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。