スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ブルーとピンク
相変わらず、疲れるとマタニティーブルーにはまる時がある。

昨日は夜中に泣き出しちゃった。
でもこういう時は我慢せず存分に泣くのがいいのだと
開き直って存分にひっくひっくし、ある程度、すっきりした。

でもべつに一日中落ち込んでいるわけでもない。
楽しくて快適で一日終わるときもある。
この不安定、たぶん出産が近いんだろうね。

昨日、健診にいったら、荷物を右から左に受け流すが如く、あっという間の診察だった。
順調だからいいけど、もうちょっと味わいたいというかなんというか・・・残念。

廊下では、青白い顔の妊婦さんが、お母さんと一緒に深刻な顔で助産師さんと打ち合わせ。
夫の立ち会いや入院タイミングの確認をしていた。はじめてなんだろう。
でもお母さんがいて、だんなさんも駆けつけてくれりゃー、いいじゃないか。
と、わたしの悪い癖【ひがみ】が出てしまう。

私はおそらく、ひとりで病院に行きひとりで産む。
近くで誰かにオロオロされるよりは集中できていい。
一人のほうがいいという妊婦さんは、意外と多いらしい。
グウさんはそーくんについていてほしいし、出産自体に不安はない。
だけど、助産師さんと話していて、気がつけば「不安だ不安だ」と何度かくちにしていた。

何が不安かって「時間」だ。

だってそーくんは入院から3時間でうまれたのだ。
初産にしては猛スピードだと思う。
前日に健診だったが「まだまだ」とのことだったのに。
もしかして陣痛かな??と思ったのが夜中2時、
確信したのが4時。入院が6時で、破水が8時、出産は9時。
トータルしても7時間。


「あなた、二人目はちょっといきめばすぽーん!!ね。」


とその時の助産師さんに太鼓判を押された。
おかげで体力は余っていて楽だった。
だけど、二人目はもっと早いとか、時間が半分とか、が定説。

もし、そーくんと二人きりのとき、陣痛やら破水やらきてから、
そーくんをどこかにお願いしたり自分が準備したり移動したりって、
一体どれほどの時間があるのか?!と想像したら急に怖くなってしまった。

でも、緊急の時はそーくんをみててくれると声をかけてくれた友達もいて、涙が出るほど嬉しい。
「調子はどう?」と声をかけてくれたりメールをくれたりするだけで嬉しい。
保育園の子達が楽しみにしてくれているのが嬉しい。女の子が四人、おなかに耳をくっつけてきた。

今は何か具体的に助けを求めているわけではない。
ともかく、そーくんと二人きりが怖いだけ。
誰かにいてほしいだけ。誰かがいるような気分にしてほしいだけなのだ。

英語では、落ち込むときの【ブルー】に対し、
出産直後のハイな状態を【ピンク】と言うらしい。
私も一気にピンクに染まるのかな?
ピンクといえば桜はもう咲き始めちゃったねえ~。

たぶん、なるようになる。

どどどーんと構えようぜっ。

最近ぐちっぽくてすみません(>_<)
吐き出しちゃえば楽なので。

[2013/03/20 18:09 ] | 妊娠、出産、産後 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ごちそうさま | ホーム | コメント欄復活>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。