スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ヒトの名前
脱走した人が潜伏してた雑木林って、
うちから、車ならすぐ行けちゃうところです。

ニュースで何度もうつった、新幹線が見える橋。
この辺は同じような橋がいくつかあり、
そーくんと、グウさんと3人でわざわざ行ったことがあります。
もちろん、新幹線を見に。
新幹線を見下ろす形で見学できるスポットなのです。

その時もう一組、鉄ちゃん親子がいて、
互いの親子で、双方の金網にへばりつき、
次の列車がどっち方面からくるか見張っていて
遠くにライトが見えると「こっちくるよーー!!」
と一緒に盛り上がっていました。

しかし、新幹線はさすがに早い。

こっちだ!おもったら、あっという間にシューンと通過。
それが見ていて爽快だったんだけど、
2才くらいだったそーくんは、そのスピードについていけず、
一生懸命に見ようとしても、気づいたらもういないので、
行き過ぎたあとの線路を呆然と見つめていました。
大人のほうが楽しんでたな~。


・・・前置きが長くなりましたが。


ニュースで〇〇容疑者とでると、私は、名前を見ます。
そして思います。
この人にも生まれた瞬間があり、
命名された時があったのだと。

誰しも、幸せな家庭に生まれるとは限らないけれど、
ほとんどのヒトの名前は、
その赤ちゃんの身辺の誰かが真剣に考えて、
何がしかの願いを込めてつけられたものであるんじゃないかと。

たかが、新幹線を見ただけで楽しくなるような、
無邪気で幸せなこども時代があったのだろうか・・・?
それともほとんど無かったのだろうか・・・?

なんだかね。

こんなことで注目されるはずの名前じゃ、
無かったろうに。






[2014/01/10 23:47 ] | 世の中思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)
<<【娘 9ヶ月】 | ホーム | 長期戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。